仏事に関する疑問など
ご先祖様の遺骨の眠るお墓はいつも大切に、きれいにしておきたいものです。

「墓石に使う石の種類」はどんなものがありますか?

化に強く、光沢が有り、よく使われるのは、花崗岩、安山岩、閃緑岩です。 御影石は花崗岩の総称で、神戸の御影付近が産地で、そう呼ばれていますが、日本でも、他の地域 でも産出され、中国などからも輸入されています。
現在では、この花崗岩が主流です。

「墓石の形や色」はどんなものがありますか?

一般には「和型の3段」を選ばれる場合が多いようです。
最上段の棹(さお)石、中段の上台石、下段の下台石の構成です。
その他、和型もいろいろあり、洋型あり、デザイン墓もあり、色もさまざまです。
それにより、墓相を気にする事はないようです。

「開眼供養」とは?

墓石を建立して、納骨する前後に入魂する事を言います。

「戒名」とは?

死者に贈られる名前のように思われている場合が多いですが、戒律を守り、仏の弟子になった証 としてつけられるものです。
浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」と言います。
名前のつけ方も宗派によって若干異なります。

「永代使用料」とは?

よく「墓地を買う」と言います。ところが、実際は、土地の使用権を得ることです。そして家 が続く限り、永代使用料を払う事になります。土地を使わなくなっても払い込んだ永代使用料は返って来ません。

「永代供養墓」とは?

子供のいない夫婦、独身男性、女性など、後継ぎがなく、お寺が永代にわたり、供養する事に なっているお墓の事です。

「卒塔婆(そとうば)」とは?

お盆などにお墓に立てる長い木の板です。ご先祖様の供養のために1人に1枚立てます。 お釈迦様の遺骨を納めた仏舎利塔を梵語(サンスクリット語)でストウーパと言いますが、それ に由来します。

「お彼岸(彼岸会)」とは?

本来はさとりを開くための修行期間です。
春分の日と秋分の日を中日とする7日間です。お彼岸にお墓参りをするのは日本だけで他の仏教 国にはありません。
 聖徳太子の頃に始まったと言われていますが、「彼岸」とは、古代インドの言葉、サンスクリ ット語(梵語)の「バーラーミター(波羅密多)」を漢訳した「到彼岸」から来ています。
 本来「迷いの世界」である此の世「此岸」から「さとりの世界」である「彼岸」に至ると言う 意味である。つまり彼岸会とは、さとりを開くために仏道に精進する行事だと言えます。

「お盆」とは?

一般に先祖の霊が戻ってくる時期とされ、お盆には、先祖の霊を慰め、供養します。
   旧盆     7月13日〜16(15)日
   月遅れ盆   8月13日〜16(15)日
 正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。そのルーツは「仏説盂蘭盆経」と言うお経 に出てくる仏説に由来します。
 「盂蘭盆会」とは、インドの古い言葉であるサンスクリット語(梵語)ullam−bana (ウラバンナ)で、中国では逆さ吊りの苦痛を意味する漢字をあてて訳されましたが、最近にな っては古代イラン地方の先祖の霊魂を我が家に招いて祀る(ウルバン)と解明されました。

有限会社 石守石材
お問合わせ 072-361-4008(代表)